×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

スズキワゴンR

スズキワゴンRをご存知ですか。
スズキワゴンRについて詳しく紹介します。

スズキワゴンRの人気の秘密

スズキワゴンRは「軽トールワゴンのカローラ」といわれるほどに売れています。スズキワゴンRの人気の秘密は装備が充実しているのにリーズナブルな価格で販売されていることも人気の秘密ですが、スズキワゴンRは軽自動車での欠点である室内空間の狭さを解決して乗った人に圧迫感を与えないことが最大の理由ではないでしょうか。スズキワゴンRが軽自動車の欠点である狭さはスズキワゴンRの背丈を高くすることによって解決していますね。実際にスズキワゴンR乗ってみたときに自分の頭から天井までに広い空間があると軽自動車の圧迫感は当然なく、むしろ大きな空間を感じてしまいます。ただスズキワゴンRのように背丈の高い車は今までにも三菱にミニカトッポという車がありましたが、スズキワゴンRではさらに改良してアンダーフロアを二重構造にし、スズキワゴンRは運転中の足の窮屈感も同時に改良しています。セカンドカーとしてのホビー性が増えたことも大きな理由の一つでしょうね。

スズキワゴンRの人気の秘密

スズキワゴンRは「軽トールワゴンのカローラ」といわれるほどに売れています。スズキワゴンRの人気の秘密は装備が充実しているのにリーズナブルな価格で販売されていることも人気の秘密ですが、スズキワゴンRは軽自動車での欠点である室内空間の狭さを解決して乗った人に圧迫感を与えないことが最大の理由ではないでしょうか。
スズキワゴンRが軽自動車の欠点である狭さはスズキワゴンRの背丈を高くすることによって解決していますね。実際にスズキワゴンR乗ってみたときに自分の頭から天井までに広い空間があると軽自動車の圧迫感は当然なく、むしろ大きな空間を感じてしまいます。ただスズキワゴンRのように背丈の高い車は今までにも三菱にミニカトッポという車がありましたが、スズキワゴンRではさらに改良してアンダーフロアを二重構造にし、スズキワゴンRは運転中の足の窮屈感も同時に改良しています。
セカンドカーとしてのホビー性が増えたことも大きな理由の一つでしょうね。

トールワゴンとは

トールワゴンとは、エンジン配置はボンネット内への横置き配置が基本で、駆動方式は前輪駆動もしくは4WD。ドアの種類・配置は、側面はヒンジドアを前席用と後席用の左右2枚ずつ、後部にはバックドア1枚を備えた5ドア車が一般的で、スライドドアが採用されているのは2代目eKワゴン/オッティのみである。セミキャブオーバー型軽1BOXワゴンは含まない。現在の軽自動車では主流のスタイルであり、キャビンの高さを通常より高くすることによって、広い室内スペースを実現し、しかも使い勝手にも優れる。

これは現在ブームとなっているミニバンにも共通する長所であり、よって軽トールワゴンも大変人気が高い。軽自動車全体の特徴でもある価格や燃費などのコストパフォーマンスの良さと、その背景にある
1990年代から続く不況という情勢も人気を増幅している。スズキ・ワゴンRが人気に火を付け、以後軽自動車メーカーにとって激戦のカテゴリとなった。各メーカーとも様々な軽トールワゴンをラインナップして、消費者の取り込みを図っている。




NIKE ナイキシューズ ラッセルモカシン ペーパーマリオRPG さとえりブログ



Copyright(C) スズキワゴンR All rights reserved